フィットネス

「ウォーキングvsランニングvsサイクリング」あなたにオススメの【有酸素運動】はこれ!

初めましての方も何度目ましての方もこんにちは!

なかやんです!

この記事を開いて頂きありがとうございます(^-^)

 

今回はフィットネス編3です!

サッカー歴17年、筋トレ歴3年のトレーニーが実際の体験を踏まえてお伝えします。

 

皆さん、有酸素運動と言われたらどんなことを思い浮かべますか?

  • ダイエットや減量
  • 健康管理
  • 体力向上のトレーニング

いろいろありますよね!

このように有酸素運動は様々な場面や目的で行われる運動の一つです。

 

でも一口に「有酸素運動をしましょう!」と言われても、自分に合った種目が何かわからないことってありませんか?

もちろん、それぞれの種目を長く継続すれば自分の目的やスタイルに合った種目がわかるようになりますが、どうせなら始める前から知っておきたいですよね!

 

そこで今回は、なかやんが目的やスタイルごとにオススメする有酸素運動をご紹介したいと思います!!

 

エントリーするのはこちらの3種目!

  1. ウォーキング
  2. ランニング
  3. サイクリング

有名な有酸素運動は何ですか?」という質問があったら、おそらく上位3つにランクインするだろう種目です。

 

なかやん調べw

 

これらそれぞれのメリットデメリットを紹介しながら、あなたに最適な有酸素運動を提案します!(^^)!

有酸素運動比較

ウォーキング

メリット

①誰でも始めやすい

ウォーキングの一番のメリットはこれです!

ランニングは普段運動しない人には体力的なハードルが高くサイクリング自転車を買わなくてはなりません

その点、ウォーキングは体力のない人でも行うことが出来、専用の道具も必要ないので、始めようと思ったその瞬間から始めることが出来ます!

また、場所を選ばないことも始めやすさの要因の一つでしょう。

他の種目よりも走行距離が短く、また、路面状況の影響を受けにくいので、どんな土地柄でも行うことが出来ます!

②会話しながらできる

人にもよるでしょうが、個人的にはウォーキングの大きなメリットだと思います!

ランニングやサイクリングの場合は、体力面や安全面を考えると他人と話しながら行うのはあまりオススメできません

その点、ウォーキングの場合は速度が遅いので、他人と会話をする余裕があります。

ただ体を動かすよりも会話をしながらの方が楽しいですよね(*´▽`*)

他人と一緒に行えば継続もしやすいので、楽しく継続するにはウォーキングはうってつけです!

デメリット

消費カロリーが最も少ない

同じ時間運動を継続する場合、3種目の消費カロリーの比較は「ランニング>>>サイクリング>ウォーキング」のようになります。

つまり、ウォーキングは最も消費カロリーが少ないのです!

ダイエットや減量という観点から見れば、ウォーキングよりも他の種目の方が効率的であると言えるでしょう。

ただ、ダイエットや減量において、効率的であることと成功できるかどうかは全くの別問題であるということは頭に入れておいてください。

確実に言えるのは、短期的に体重を落とすことには向かないという事です。

それぞれの消費カロリーが知りたいという方は以下のサイトで計算できます。

運動消費カロリー計算・基礎代謝計算

ランニング

メリット

①消費カロリーが最も高い

ウォーキングのデメリットでも少し触れたように、ランニングは3種目の中で最も消費カロリーが高いです!

つまり、最短で効率よく体重を落とすためにはランニングが最も有効であると言えます。

これはランニングの一番のメリットです!

先ほどのサイトでなかやんが実際に3種目の消費カロリーを計算した結果がこちらです。(1時間の場合)



ペースはなかやんが実際にそれぞれの運動を行う時に最も近いものを選択して計算しています。

  • ランニング…約13.4㎞/h
  • サイクリング…約16㎞/h
  • ウォーキング…約9.4㎞/h
②体力・心肺機能の向上

もちろん、ウォーキングやサイクリングでも体力や心肺機能は向上しますが、ランニングには及びません。

なぜならば、3種目の中でランニングが最も運動強度が高いからです!

 

なかやん
なかやん
運動強度は運動の激しさだと思っておけばOKだよ

 

身体を動かすことに慣れている方や、スポーツのパフォーマンス向上のためのトレーニングとして有酸素運動を行う方にはランニングが一番ふさわしいと言えます。

デメリット

体への負担が大きい

これは体の弱い方怪我を抱えている方には見逃せないデメリットになってしまいます(T_T)

ランニングは足腰にかかる負担がウォーキングやサイクリングの比ではないので、上記のような方は運動を避けた方が良いでしょう。

また、体に異常がない方でもランニングをすることで新たに怪我をしてしまう可能性があり、やはりこの確率もウォーキングやサイクリングより高いです。

ランニングをする際は、よく体と相談しながらオーバーワークにならないように注意しましょう!

サイクリング

メリット

①体への負担が最も少ない

サイクリングの一番のメリットは3種目の中で体への負担が最も少ないことです!

個人的な感覚では、特に膝への負担が非常に軽いです。

なかやんは長年サッカーを続けていますが、膝の故障でトレーニングができない時期がかなりありました。

その中でもサイクリングならば膝に痛みが走ることもなく体を動かすことが出来たので、かなり信憑性は高いと思います。

怪我持ち体の弱い方、また、年配の方などは如何に体への負担を減らしながら運動するのかを考えましょう!

②距離が稼げる

これもサイクリングの大きなメリットの一つです!

距離が稼げることによる良い点は、

  1. 移動手段として用いることで、生活の中に運動を取り入れることが出来る
  2. 景色の変化が多いため飽きが来ない

の2つです。

通勤や通学の移動を自転車へ変更することで、「有酸素運動しよう」という意図に関係なく体を動かすことが出来ます

これは、個別に運動の時間を取ることが難しい方や、運動を始めるまでに時間がかかってしまう方にとっては嬉しいですね!

また、飽きが来ないというのは継続のしやすさにも繋がるため、景色を楽しみながら運動できるサイクリングは継続性にも期待できます!

デメリット

場所を選ぶ

サイクリングは3種目の中で最も距離が稼ぎやすいという事は先ほどお話ししました。

しかし、裏を返せばそれだけのスペースが必要になるという事です!

サイクリングロードのような長く舗装された道ならば問題ありませんが、路面の凹凸や曲がり角が多いような街中では、サイクリングは不向きと言わざるを得ません(>_<)

また、起伏の多い土地舗装されていない道の場合も、自分や周りの安全を考えるとサイクリングを選ぶべきではありません

このように、サイクリングは土地柄や路面状況に影響を受けやすいので、始める際は住んでいる地域の特徴をよく調べるようにしましょう!

こんな方にオススメ

やっと本題ですw

 

長くなっちゃってごめん!

 

それでは、ここまでの話を踏まえて各運動がどのような方にオススメなのかをお話しします。自分に該当する項目があるかどうか探してみてください(‘ω’)ノ

項目が多くなるので箇条書きでいきます!!

ウォーキング

  • 初めての有酸素運動なので手軽に始めたいという方
  • 日々の健康管理をしたい方
  • ダイエットをしたいが自分一人では継続できるか不安であり、家族や友人と一緒に始めたいという方
  • 体を動かしたいが路面状況が悪く、激しい運動は難しいという方

ランニング

  • 体を動かすことに慣れている方
  • ダイエット等で短期的に体重を落としたい方
  • スポーツのパフォーマンス向上を目指している方
  • 体力を付けたい方

サイクリング

  • 日常生活の中に運動を取り入れたい方
  • 身体が弱い、もしくは、怪我を持ってるが少しでも体を動かしたい方
  • 景色を楽しみながら運動したい方
  • ダイエット目的で、土地柄や路面状況に問題がなく、自転車を準備するのにも抵抗がない方

 

 

あなたの目的やスタイルに合う有酸素運動は見つかったでしょうか?

「いや!自分の状況は複雑すぎて当てにならなかった!」という方はお気軽にコメント等でご相談ください(^O^)

 

ただ、一つ覚えておいて欲しいことがあります!

それは、どの運動にも正解・不正解はないという事です!!

もし、上記の目的に応じて運動をしてみたが効果が得られなかったという方は、深く考え込まずにぜひ他の運動も試してみてください(‘◇’)ゞ

最後に

今回は、「ウォーキング・ランニング・サイクリング」にスポットを当てて、目的やスタイルに応じたオススメを紹介しました。

ぜひ今後の運動の参考にしてください!

 

ここまで読んで頂いてどうもありがとうございます。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

バイバイ(^-^)v

ブログ村「PVランキング(ダイエット情報)」

↑クリックで応援お願いします!